トップページ >  > アスミールを8歳・9歳に飲ませる副作用は?厚労省の摂取量と比較

アスミールを8歳・9歳に飲ませる副作用は?厚労省の摂取量と比較




7歳~10歳くらいまでの小学校低学年から中学年は、友達が出来始めてしっかり遊んだり勉強したりし始める大事な時期です。

体の成長やメンタルの発達を、しっかり栄養面でサポートしてあげたいですよね。

では、アスミールには、8歳・9歳の小学生にいい栄養素が、どのくらいの量、含まれているのでしょうか?

8歳・9歳の小学生でも、過剰摂取や、添加物の副作用なく、本当に安心して飲めるのでしょうか?

そこで、厚生労働省が規定している、8歳・9歳の「食事摂取基準の推奨量」に対して、 8歳・9歳の小学生では、アスミールを飲んだら何割くらい栄養素を満たせるのか、計算してみました。

「各栄養素の上限摂取量」もチェックしているので、8歳・9歳の小学生が、過剰摂取になる可能性も調査しています。

8歳・9歳の小学生は、アスミールを飲むことで、

  栄養素ごとにどのくらい摂取量をカバーできるのか?

  栄養素ごとに過剰摂取にならないか、どうしたら対策できるか?

  8歳・9歳の小学生に適した飲ませ方や量

  8歳・9歳の小学生で効果があった子、なかった子の口コミ

を、わかりやすくまとめました。


【小学生低学年8~9歳】の食事摂取基準と、アスミールの成分量を比較!


小学生低学年の8~9歳の食事摂取基準と、アスミールの成分量の比較しました。

8~9歳になると、小学校の2年生~3年生になって、第1.5次反抗期の7~8歳も落ち着いてくるころです。
運動はスポーツを中心に友達と活発に遊んだり、習い事や学校を通じて、運動・学習の習慣や勤勉性がついてくる大事な時期です。



食生活に関しては、 幼児期の食べ物の好き嫌いが減ってきて食べられるモノが増える子と、 すっかり嫌いな食べ物は食べなくなってしまう子に分かれます。

お菓子やジュースを食べる量も一段と増えるので、お菓子のせいで食事を食べなくなる子も増えます。

小学生の期間は、スポーツや学習など、習い事や学校を通して、心や体の成長にとても大事な時期です。
ですので、栄養補助食品で栄養をしっかりサポートしてあげるのは、とてもいい方法です。

8~9歳にアスミールを飲ませるなら、
・食事摂取基準の推奨量のどのくらい飲ませられるのか?
・上限摂取量を超えて、過剰摂取や副作用がないか
を表にまとめて調べてみました。


右から2番目の列が、アスミール1杯の推奨量に対する割合です(男の子。女の子は同じ~1割減で見てください)。(サイト調べ)
一番右の列は、アスミールの公式ページで公表している推奨量に対する割合です。 アスミール1杯の成分量の詳細は、こちらをみてください。


また、アスミールの公式ページで公表している推奨量に対する割合(鉄85%など)は、8~9歳の食事摂取基準を用いた場合、 もっとも数字が近いので、公式ページのデータは8~9歳の子供に対して算出しているようです。

多少のズレは、牛乳1杯の栄養素の使ったデータが違う分だと考えられますが、 弊社サイト調べのデータとだいたい同じなので、販売会社は数字的にウソはいっていないようです。

※上限量は、食事摂取基準に記載されている数字を用いています(「-」は未記載のもの)

アスミール+牛乳の成分量(合計) 8~9歳の推奨量(1日) 8~9歳の上限量 (1日) アスミール+牛乳の推奨量に対する割合(%) 公式ページで公表している摂取量の割合(%)
カルシウム(mg) 598 700 - 85% 86%
マグネシウム(mg) 85 170 - 50% -
鉄(mg) 6.375 9 35 71% 85%
亜鉛(mg) 2.5 7 - 36% -
ビタミンA(ug) 348 450 1250 77% 70%
ビタミンB1(mg) 0.89 1.1 - 81% 85%
ビタミンB2(mg) 1.074 1.2 - 90% 84%
ナイアシン(mg) 13.99 11 - 127% -
ビタミンB6(mg) 1.26 0.9 - 140% 123%
ビタミンB12 2.12 1.6 - 133% 91%
ビタミンC(mg) 61 70 - 87% 75%
ビタミンD(ug) 4.05 4 30 101% 75%
ビタミンE(mg) 5.7 8 400 71% 70%
たんぱく質(mg) 6.09 40 - 15% -


小学生低学年8~9歳に飲ませた場合、過剰摂取や副作用は大丈夫?

小学生低学年8~9歳にあげた場合、摂取量の割合をみると、ほとんどの成分が1日推奨量の70%を満たしています。

過剰摂取の心配ですが、上限量が設定されている栄養素をみると、
・上限量のあるビタミンAは、1日の推奨量を超えていますが、上限量の4分の1以下で大丈夫。
・上限量のある鉄分は、6.375mgですが、上限量35mgの5分の1程度で大丈夫。
・上限量のあるビタミンDは、上限量の6分の1で大丈夫。
・上限量のあるビタミンEも、上限量の2%程度で大丈夫。
過食気味の子でも、食事で残りの割合を満たすのは難しい量ですがので、過剰摂取の問題はないと思います。

もちろん、この時期の子供の食べすぎは、体質的な肥満を招くので避けるべきでしょう。

ビタミンBやビタミンCは100%や200%以上ですが、問題ありません。
これらは、水溶性ビタミンといわれ、尿や汗から体の外へ排泄されやすいので、過剰摂取の上限量は設定されていないので大丈夫です。

小学生低学年8~9歳に飲ませた場合、食事からの摂取もすれば過剰摂取にならない?

上限量が設定されているのは鉄、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEの4つです。

食事からも摂取した場合、鉄やビタミンEは、食事の量で上限量を超えることはほぼありません。
鉄がもっとも多いレバーでも50g以上食べないと、3mgにもなりません。

ビタミンAは、アスミール以外の食事摂取分は900μgくらいが上限です。 ビタミンAが多く子供が食べる食材として、玉子やプロセスチーズがあります。

玉子1個80μgなので、玉子は10個、プロセスチーズは1個25gで65μgなので、10個ですが、 1日でこれほど食べれないので、食事分の過剰摂取を気にする必要はないでしょう。

ビタミンDは、アスミール以外の食事摂取は25μgくらいが上限です。 ビタミンDが多く子供が食べる食材は、魚類です。

魚は、秋刀魚、いわしなら1匹全部食べても15μgくらいですが、 サケは1切れだけ(80g)で20μgもあるので、サケは2切れ以上は食べさせないようにしましょう。

小学生低学年8~9歳に飲ませた場合、推奨量に足りている栄養素?

カルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(B3)、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEは、 1日推奨量の70%以上なので、十分な量でしょう。

マグネシウムは50%ですが、食事から取りやすい成分なので、ある程度の食事でも自然と残り分を取れるでしょう。

小学生低学年8~9歳に飲ませた場合、推奨量に足りていない栄養素は?

亜鉛は36%ですが、食事をすることも考えると問題ないでしょう。
亜鉛は体に重要なミネラルですが、下痢をしやすくなる栄養素なので、おそらく控えめに配合していると思われます。
肉・魚介・種実・穀類など多くの食品に、亜鉛は含まれているので、自然と補えます。

ただ、たんぱく質は、推奨量の15%で、アスミール1杯では足りません。

アスミール1杯は牛乳100ML想定ですが、小学生ならもっと牛乳を飲めるので、 300MLに増やせば、それだけでたんぱく質は、推奨量の50%を摂取できます。

それ以外のたんぱく質は、食事からも摂取するようにしてください。 たんぱく質を多く含む食材は、「肉・魚・卵・乳製品・大豆」の5大食材です。

たんぱく質と炭水化物は、食事から簡単に取れてしまう栄養素なので、過剰にならないように心がけましょう。 過剰な分は、すぐに脂肪になって、肥満の原因になってしまいます。

たんぱく質と炭水化物は、食事から一番取りやすい栄養素なので、過剰になるとすぐに脂肪になって、「肥満の原因」になってしまいます。

たんぱく質や炭水化物は、必要な分だけ、食事で量を調整するのがいいでしょう。

小学生低学年8~9歳への飲ませ方



小学生低学年8~9歳は、習い事や友達関係を通して、自信をつけやすい時期です。

栄養をサポートして体を充実させてあげれば、学校や習い事、スポーツを通して、成果をあげるチャンスも増えてきます。

実際にアスミールを利用している子供も、3歳~9歳の年齢が、一番利用者が多い層のようです。

味の選択については、幼児に大人気の「イチゴミルク味」か、牛乳人気の「ココア味」か 分かれるところです。(2018年に登場した新味のイチゴミルク味は、特に幼児にウケがいいようです。)

子供にどちらか選ばせるのがいいと思いますが、ココア味はチョコレート好きの子にウケがいいようです。

牛乳が飲めない場合や飽きてきた場合は、おかずや調理でアレンジしてあげるのもいいです。
このページにも、アスミールのアレンジについて、紹介しているので、読んでみてください。

小学生の場合は、1日6グラムを牛乳200ML~300MLに混ぜて飲ませればいいでしょう。

栄養成分的には、基本的に問題はないと思いますが、 もしも何か問題があれば、量を減らすか、休止して様子をみてあげましょう。

アスミールを飲んだ小学生低学年の効果の口コミは?



アスミール の口コミはネットではどうでしょうか?Twitterのつぶやき、楽天、アマゾン、アットコスメなどのSNSや口コミサイトを調査してまとめてみました。


6歳 男の子
小学校一年生になった男の子がいます。...
小学校一年生になった男の子がいます。
幼児の頃から、好き嫌いが激しく、野菜やお肉類はほとんど食べません。

積極的に食べるのは、大好きな炭水化物とお菓子ばかり。
どんどん活発になっていくのをみて、栄養不足にならないようにアスミールを試しています。

初めは、不思議がっていましたが、今では毎朝進んで飲むくらい大好きになっています。
変わったことと言えば、宿題をきちんと椅子に座ってやるようになったことかな。

7歳 女の子
小学校2年生にしては、低身長...
小学校2年生にしては、低身長な子供がいます。
アスミールで背が伸びた、という口コミを聞いて、 早速試してみることにしました。

最初の3ヶ月ぐらいは効果が全くわからなかったので少し不満でしたが、 半年経った頃から、ソファーでくつろぐ姿を見て、明らかに身長が伸びてきたと実感しています 身体測定が楽しみです。

8歳 男の子
私の息子は運動が得意ではなく、...
私の息子は運動が得意ではなく、今後が心配になりました。 アスミールというサプリがあることを知って購入しました。

効果はテキメンで結果通知表に体育に、なんとはじめて「◎」がつきました。
得意になったことが、自信に繋がったようで、 最近では勉強も自分で進んでするようになりました。アスミールのおかげです。

7歳 男の子
7歳の小学生と、5歳になる年中の兄弟に...
7歳の小学生と、5歳になる年中の兄弟に飲ませています。
牛乳があまり好きではなかったのですが、今では2人ともアスミールも牛乳も大好きになってしまいました(牛乳嫌いがなおってしまいました!)

運動も勉強も以前より活発にするようになって、習い事でも先生に 褒められることが増えている気がします。試してみてよかったです。
【サイト調べ】
※クチコミ投稿はあくまで投稿者の感想です。効能、効果を保証するものでありません。個人での判断の上、ご活用下さい。


アスミールを飲んだ小学生低学年(8~9歳)の口コミの傾向まとめ

小学生で使っている親のクチコミを見ると、 いくつか理由や原因があるようです。

やはり多いのは幼児期と同じく、偏食が多く栄養不足になっていないか、 という心配によるものです。

また小学生になると、習い事でスポーツをする子供が増えるので、 そのための栄養サポートや、身長や体力を伸ばしてあげたいという思いで、 始めているケースも見られます。

小学生や幼稚園・保育園に兄弟姉妹がいる家庭では、2人そろって飲ませていると 口コミもいくつかありました。

この時期の子供には、味はいたって好評のようです。
また、アスミールが直接原因がどこまであるかはわからないけど、 満足するような成長が何度か見られるので、とにかく継続して飲ましてる親もいました。

小学生の成長をサポート「アスミール」



アスミールを購入するなら、最安値で購入しよう

アマゾン・ヤフー・楽天・公式のどれが安値で購入できるか、調査していみました!

購入時の注意点は、安く購入できる方法がわかりますよ。











-------------------------------------------
更新日:2018/10/15