トップページ >  > アスミールを中学生・高校生が飲む効果と副作用は?厚労省の摂取量と比較

アスミールを中学生・高校生が飲む効果と副作用は?厚労省の摂取量と比較



中学生や高校生は、人間の一生の中で、もっとも活動的で、もっとも栄養が必要な時期です。

体も劇的に大人に成長する半面、メンタルはとてもデリケートになる時期でもあります。 泣いたり笑ったりのアップダウンの激しい10代を、親がサポートしてあげられるのは栄養です。

では、アスミールには、中学生や高校生にいい栄養素が、どのくらいの量、含まれているのでしょうか?

中学生・高校生でも、過剰摂取や、添加物の副作用なく、本当に安心して飲めるのでしょうか?

そこで、厚生労働省が規定している、15歳~17歳の「食事摂取基準の推奨量」に対して、 15歳~17歳の中高生では、アスミールを飲んだら何割くらい栄養素を満たせるのか、計算してみました。

「各栄養素の上限摂取量」もチェックしているので、15歳~17歳の中高生が、過剰摂取になる可能性も調査しています。

15歳~17歳の中高生は、アスミールを飲むことで、

  栄養素ごとにどのくらい摂取量をカバーできるのか?

  栄養素ごとに過剰摂取にならないか、どうしたら対策できるか?

  15歳~17歳の中高生に適した飲み方や量

  15歳~17歳の中高生で効果があった子、なかった子の口コミ

を、わかりやすくまとめました。


【中学生・高校生15~17歳】の食事摂取基準と、アスミールの成分量を比較!


中学生・高校生15~17歳の食事摂取基準と、アスミールの成分量の比較しました。

中学生後期・高校生になると、第2次反抗期の思春期も落ち着いてくるころです。
運動や部活も、大人並みに激しくなるし、勉強も将来を通じた進路に関わってくる大事な時期です。



15~17歳の必要な栄養量は、厚生労働省の食事摂取基準の推奨量をみても、全年齢の中でもっとも多いです。

アスミールは、小学生くらいまでの子供の利用が一番多いイメージがありますが、 成分的には栄養たっぷりなので、飲めるなら、中学生・高校生の体をつくるのにもとても良い方法です。

実際この年齢の場合、「身長をもっと伸ばしたい」という目的で飲みたいというニーズが多いようです。

他にも、身長サプリはありますが、価格が高いものが多いので、小学生時代から飲み続けている人はそのまま飲んでいる子もいます。

またサッカー・バスケ・野球・バレーなどの運動部で、中学生・高校生に多い「筋肉痛」や「こむらがえり」を予防するのにも最適です。

女の子の場合は、バストアップなど魅力的な外見になる可能性も高まります。

中学生・高校生15~17歳にアスミールを飲ませるなら、
・食事摂取基準の推奨量のどのくらい飲ませられるのか?
・上限摂取量を超えて、過剰摂取や副作用がないか、
を表にまとめて調べてみました。

一番右の列は、アスミール1杯の推奨量に対する割合です(男の子。女の子は同じ~1割減で見てください)。 アスミール1杯の成分量の詳細は、こちらをみてください。


※上限量は、食事摂取基準に記載されている数字を用いています(「-」は未記載のもの)

アスミール+牛乳の成分量(合計) 中高生の推奨量(1日) 中高生の上限量 (1日) アスミール+牛乳の推奨量に対する割合(%)
カルシウム(mg) 598 1100 - 54%
マグネシウム(mg) 85 350 - 24%
鉄(mg) 6.375 10.5 45 61%
亜鉛(mg) 2.5 10 - 25%
ビタミンA(ug) 348 700 2550 50%
ビタミンB1(mg) 0.89 1.5 - 59%
ビタミンB2(mg) 1.074 1.7 - 63%
ナイアシン(mg) 13.99 16 - 87%
ビタミンB6(mg) 1.26 1.5 - 84%
ビタミンB12 2.12 2.4 - 88%
ビタミンC(mg) 61 100 - 61%
ビタミンD(ug) 4.05 5 50 81%
ビタミンE(mg) 5.7 10 700 57%
たんぱく質(mg) 6.09 65 - 9%


中学生・高校生15~17歳が飲んだ場合、過剰摂取や副作用は大丈夫?

中学生・高校生15~17歳が飲んだ場合、摂取量の割合をみると、ほとんどの成分が1日推奨量の50%~90%で、 食事を考えると、理想的な栄養量です。

過剰摂取の心配ですが、上限量が設定されている栄養素をみると、
・上限量のあるビタミンAは、1日の推奨量を超えていても、上限量の7分の1以下で問題なし。
・上限量のある鉄分は、6.375mgですが上限量45mgの7分の1程度で大丈夫。
・上限量のあるビタミンDは、上限量の10分の1で大丈夫。
・上限量のあるビタミンEも、上限量の1%以下で大丈夫
なので、過剰摂取の問題はないと思います。
過食しても、食事で残りの割合を満たすのは難しい量なので、過剰摂取まで至る可能性は低いです。

もちろん、暴飲暴食、食べすぎや栄養の極端な取り過ぎには注意です。

中学生・高校生15~17歳が飲んだ場合、食事からの摂取もすれば過剰摂取にならない?

上限量が設定されているのは鉄、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEの4つです。

食事からも摂取した場合、鉄、ビタミンE、ビタミンAは、食事の量で上限量を超えることはほぼありません。

ビタミンDは、アスミール以外の食事摂取は45μgくらいが上限です。 ビタミンDが多く子供が食べる食材は、魚類です。

魚は、秋刀魚、いわしなら1匹全部食べても15μgくらいですが、 サケは1切れだけ(80g)で20μgもあるので、サケだけは2切れまでが上限量です。

中学生・高校生15~17歳が飲んだ場合、推奨量に足りている栄養素?

カルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(B3)、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEは、 1日推奨量の50%~90以上なので、食事をすることを考えると、推奨量に対して十分な量です。

マグネシウムは24%ですが、比較的、食事から取りやすい成分なので、食事でも自然と残り分を取れるでしょう。

中学生・高校生15~17歳が飲んだ場合、推奨量に足りていない栄養素は?

亜鉛は25%ですが、食事をすることも考えると問題ないでしょう。
亜鉛は体に重要なミネラルですが、下痢をしやすくなる栄養素なので、控えめに配合していると思われます。

肉・魚介・種実・穀類など多くの食品に、亜鉛は含まれているので、自然と補いやすいです。

ただ、たんぱく質は、推奨量の9%で、アスミール1杯では足りません。
アスミール1杯は牛乳100ML想定ですが、中学生・高校生ならもっと牛乳を飲めるので、 300ML以上は飲んでください。
これだけでたんぱく質は、推奨量の30%程度にはなります。

それ以外のたんぱく質は、他からも摂取するようにしてください。
たんぱく質を多く含む食材は、「肉・魚・卵・乳製品・大豆」の食事からがいいですが、 難しい場合は、安いプロテインを買ってくるのもいいでしょう。

アスミールに加えて、ザバスなどのプロテインでたんぱく質をさらに混ぜて飲むと、簡単だし、栄養的にはほぼ完全です。

ただし、プロテインを追加で入れすぎると、過剰なたんぱく質で太ってしまうので、たんぱく質は50g以内の範囲で調整して追加してください。

中学生・高校生15~17歳の飲み方



中学生・高校生は、部活や進学と、活動がリアルで大変になっていく反面、 メンタルはナイーブで傷つきやすい一面も増えてきます。

そんな学生生活を影で支えてあげるなら、 体や心の成長や、身長に必要な、カルシウム・亜鉛・たんぱく質・ビタミン類などを十分にとることが大事です。

心の状態も、栄養の状態は、非常に密接であることがわかっています。
カルシウムやマグネシウムは、神経の状態を整えて、メンタルの安定やうつを予防します。

栄養をサポートして体を充実させてあげれば、身長が伸びやすくなったり、体が魅力的になったり、 進学で成果を上げたりすることも増えてきます。

中学生・高校生の効率的な飲み方は、アスミール1日6グラムに加えて、 ザバスなどの安いプロテイン(たんぱく質のみ)をさらに足して、 牛乳300MLに混ぜて飲むのが、簡単で栄養的にもおすすめです。

栄養成分的には、基本的に問題はないと思いますが、 もしも何か問題があれば、量を減らすか、休止して様子をみましょう。

アスミールは中学生の女の子にも向いているの?




アスミールは、もちろん、女の子にも使えます。
女性の場合は、青年期に向かって、鉄分、カルシウム、ビタミンが特に不足しがちです。

鉄分は貧血予防にいいし、ビタミン類は美容に直結する栄養素です。
身長など成長支援としてはもちろんのこと、 健康や美容のためにこれらの栄養素を全部含むアスミールを使うことには、大きなメリットがあります。

実際に、どのくらいの割合の栄養をアスミールでまかなえるかは、上でまとめた成分表の推奨量を参考にしてください。
表の成分表の推奨量は男性の場合なので、女性の場合は、だいたい1割減から同じでみてください。(妊婦さんや授乳中の方以外です)

また、栄養は補助したいけど、肥満気味な体重を落としたい女性にもアスミールは、有効です。
アスミール自体には、カロリーがたったの20キロカロリーとほとんどないので、太り気味ならダイエットしつつ、栄養をカバーできます。

アスミールに飲むときの牛乳100mlでも、60キロカロリーです。
アスミールとあわせると80キロカロリーで、ごはん1杯の3分の1程度のカロリーです。

ダイエット目的だとして、 牛乳100mlでも、66キロカロリーでもイヤだ!と思う場合、 豆乳なら100mlなら、40キロカロリー程度なので、豆乳とまぜて飲むのもありです。

この場合、アスミールとあわせたカロリーは60キロカロリーで、ごはん1杯の4分の1以下のカロリーで済みます。

アスミールは、栄養の偏りを抑えて、しかも低カロリーなので、女の子に向いている成長飲料です。

アスミールを飲んだ中学生・高校生(15~17歳)の効果の口コミは?

アスミール の口コミはネットではどうでしょうか?Twitter、楽天、アマゾン、アットコスメなどのSNSや口コミサイトを調査してまとめてみました。


15歳 女の子
女の子ですが、中学生の時は...
女の子ですが、中学生の時は大好きなお菓子やアイスクリームを いつまでも食べていましたが、高校生になってすっかり食べなくなるどころか 食事すら、小食になってしまって心配しています。

どうやらぽっちゃり体型の嫌なようで、親として栄養不足にならないように 飲んでもらっています。牛乳ではなくお湯で割って飲んでいます。

何キロ落ちたか教えてもらえませんが、見た目がずいぶんスリムになりました。

14歳 女の子
中学3年生の女の子がいますが、...
中学3年生の女の子がいますが、最近、胸のサイズが気になるようです。
親として、多少は申し訳ない気分にもなりますが、 私ができることとして、アスミールを買ってあげていますが、夕食時に飲んでいます。
なにかしら成果があったようで、今も好んで飲んでいます。

16歳 男の子
高校一年生の息子が身長を伸ばす...
高校一年生の息子が身長を伸ばすために飲んでいます。
高校一年生で、163センチくらいで、平均より低い身長に悩んでいるようです。

好きな子ができたらしく、何とかサポートしてあげたいと思い、買ってあげています。
続けて7ヶ月経ちましたが、ちょうど3センチぐらい伸びたようで、本人も喜んでいます。

17歳 男の子
サッカー部で頑張っている息子のために...
サッカー部で頑張っている息子のために飲ませています。
運動は食事も大切ですが、 それ以上に何かないのかサイトを検索していたところ、アスミールという商品を見つけました。
息子は美味しいといって飲んでくれます。
【サイト調べ】
※クチコミ投稿はあくまで投稿者の感想です。効能、効果を保証するものでありません。個人での判断の上、ご活用下さい。


アスミールを飲んだ中学生・高校生(15~17歳)の口コミまとめ

アスミールを中学生や高校生で使っている親御さんの意見をみると、 大半は、「身長伸ばしてあげたい」という理由で始めたようです。

男の子の場合は、身長目的がほとんどですが、身長以外にも サッカーやバスケなど何か激しい運動部に入っているから、という意見もありました。

女の子の場合は、身長以外にも、胸のバストアップなど魅力的な体型になりたいという理由や ダイエットにも使いたいという理由もありました。

身長の成果に関しては、あまり伸びていない人も少数はいるようですが、 高校生になっても何センチも伸びた人もいるようです。

中学生・高校生の成長をサポート「アスミール」



アスミールを購入するなら、最安値で購入しよう

アマゾン・ヤフー・楽天・公式のどれが安値で購入できるか、調査していみました!

購入時の注意点は、安く購入できる方法がわかりますよ。











-------------------------------------------
更新日:2018/10/15