トップページ >  アスミールのお得情報 >  アスミールの安全性

アスミールは怪しい?安全は大丈夫なの?悪い批判の実際を徹底調査!


最近、子供の偏食や成長を手軽にサポートするなら、栄養補助食品がいいですよね。

でも、子供に食べさせるその栄養補助食品、本当に信用できるか、親としては、安全性が心配なものです。

親が失敗するならともかく、子供の体は繊細ですから変なものは食べさせたくないのは当然です。

信じていた食品が、危ない物質や添加物、砂糖だらけ、しかも製造が不衛生だった、なんてことは絶対にさけなければなりません。

では、アスミールは、どうでしょうか?
アスミールは、この数年で、子供の栄養補助食品としては人気の定番になりました。



でも、販売会社が大手企業のように有名でないので、「怪しいのか」「安全か」など、の疑問の口コミをチラホラみかけます。

そこで、アスミールの安全はどうなのか?怪しいという噂はなんなのか?真相を徹底的に探ってみました。
アスミールの本当の安全性がわかりますよ。
目次  [ 非表示 ]


アスミールは怪しい?悪い口コミ・評判はどんなの?




アスミールは怪しい、というネット上の口コミの内容を調べてみました。 悪い口コミ・評判はどういったものでしょうか?


4歳児のママ
アスミールを売っている販売会社が知らない...
アスミールを売っている販売会社が知らない会社だったので、大丈夫か心配です。
ネット上では、有名らしいのですが、怪しくないのでしょうか・・・

7歳児のママ
添加物や体に悪い素材が入っていないか...
アスミールには、添加物や体に悪い素材が入っていないか心配です。原材料は怪しくなのでしょうか?

9歳児のママ
糖分が多すぎて、糖質過多になったり...
子供用の栄養補助食品は、砂糖が多く入っているのが多いらしいです。
アスミールは、糖分が多すぎて、糖質過多になったりしないでしょうか。


アスミールの怪しい評判・悪い口コミのまとめ

ネット上のアスミールの怪しい評判・悪い口コミをまとめてみました。

アスミールの怪しい評判は、おおよそ、

・販売会社が有名でない

・添加物

・糖分

の3つの「不安」が原因のようです。

ただ、これらの口コミは、あくまで不安が原因なので、事実かどうかは別問題です。

それぞれ、本当に怪しいのか?悪い成分や原材料なのか、探ってみましたよ。

アスミールは本当に安全?大丈夫なの?


アスミールの添加物は大丈夫?

実はほとんどの成長飲料には合成保存料、合成着色料、合成甘味料のいくつかは含まれています。

その点、アスミールは 合成保存料、合成着色料、合成甘味料の全てが無添加です。

ただし、イチゴミルク味だけは、天然の着色料が使われています。

「ベニコウジ色素」といわれる麹菌(こうじきん)の着色料です。
これは、合成化学着色料ではなく、天然着色料なので、体への害を心配する必要はありません。

アスミールの放射能汚染は大丈夫?

アスミールは、放射能検査は済んでます。
放射能の安全性は問題ありません。

アスミールの糖分は多すぎない?砂糖の量は大丈夫?

原材料をみるかぎり、
アスミールの糖分は、 「グラニュー糖、乳糖果糖オリゴ糖、ココアパウダーの一部かストロベリーパウダーの一部」 になります。

それぞれ、どのくらいの配合量かは、日本では記載する必要がないので、原材料から糖質を計算することは不明です。

ただ、栄養成分表示をみると、「炭水化物」の量が書かれてあります。
表示の中の栄養成分の「炭水化物」は、「糖質」と「食物繊維」の合計で表されます。

これから糖質の量をざっくり測ってみると アスミールの1日分の炭水化物は4.28gなので、 その中の糖質がざっくり7割程度と仮定して計算すると、アスミールは「3g前後が糖質」ということになります。

結論からいうと、この糖質の量が子供にとって多いのか、少ないのかでいうと、糖質はほとんど問題のない量だといえます。

たとえば、「アイスクリーム1個が糖質は22g」「ゼリー1個で糖質は12g」です。
アスミールに含まれる糖質の3gは、「アイス1個の7分の1」「ゼリー1個の4分の1」程度になります。

子供の糖質の上限量は?アスミールを飲んだら糖質過剰になる?

正確に糖質の上限とアスミールの糖質量を比べて見ます。

アメリカの米国心臓協会(AHA)の研究論文では、 子供の砂糖摂取は、「2~18歳の年齢の子供が摂取する添加糖は、1日あたり25g未満にすべきである」と発表しています。

添加糖とは、砂糖、果糖、はちみつなど、調理や加工の際に食品に加えられる糖のことで、お菓子などで足される砂糖類のことです。 25gを超えると、将来、肥満、高血圧、糖尿病になる恐れがあるそうです。

日本語の要約は、週間ダイヤモンドの医学記事で記載しています。

これにしたがうと、アスミールは3g程度なので、1日の砂糖摂取の上限25gの「8分の1程度」です。

ですので、アスミールを飲んで糖質過剰になるという量ではないと考えられます。

アスミールは怪しい?悪い批判はある?本当のところは実際どう?


アスミールの中身はウソ?本当はどう?

アスミールは、成分表は原材料は、すべて公開しています。
怪しい材料や素材は、使っていません。

公式ページではアスミールで80%の栄養が取れると書いてありますが、 このサイトでも構成労働省の推量量と、アスミールの成分量を計算すると ほぼ記載されているとおりでした。

成分表の摂取割合で示したとおり、栄養素は充実していますし、 成分は栄養バランスや成分量ともに、とても優良です。
安全性も問題ないようです。

アスミールのメーカーはどう?製造元のイッティってどんな会社?

販売元が信頼できるかは大事ですよね。そうでなければ、かわいいわが子に安心して飲ませられません。

アスミールは、一番星オンラインショップというECショップを通して、 イッティという会社が販売しています。

ECショップでは、スムージーなどの健康商品、安眠などのグッズを売っているようです。
取扱商品は20種類くらいですが、売れているかは別として、どれもいたってまじめな商品ばかりです。

健康関連が事業の中心のようなので、別のことをやっている怪しい会社ではないようです。

アスミールの製造元は大丈夫?

販売元も大事ですが、同じくらい、製造元の安全も確認したいですね。

公式ページをみると、すべて国内の工場で作られているそうです。
アスミールの販売元のイッティという会社が、国内の工場に委託しているようです。

中国などの製造工程が見えない工場に発注しているわけではなく、 生産管理が厳密な日本の工場なので、製造元は安心できます。

また、使っている原料は、すべて国内で製造している原料を使っています。

たいていの子供用サプリや成長応援飲料は、 一部が国内製造、他は海外輸入がほとんどです。

材料も製造も国内で全て管理しているアスミールはありがたいですね。 製造のほうも安心しても良さそうです。

アスミールは怪しい?批判はどう?

アスミールは、商品もメーカーも怪しいことはありません。

批判や悪い口コミを見ると、 広告やCMのゴリ押しっぽいの売り方に問題なのかもしれません。

ゴリ押しは芸能人でも叩かれるご時勢なので、そういう人もいるでしょう。

ただ、商品は開発してもPRをしなければ、認知すらされません。

自然な口コミよりも、PRがパワーを増しすぎると良くない噂も立つケースがありますが、 このへんの程度は、メーカーにとっても判断が難しいところでしょう。


急に勢い良く売れ出した商品の中で、まったく批判のない商品はありません。
アスミールはそれだけ注目している人の人数が多く、メジャーになった商品ということでしょう。

口コミをみても、アスミールを飲んで体を悪くしたというのはないようですね。 国内の健康食材のみを厳選しているので安心して子供に飲ませることができます。

アスミールを購入するなら、最安値で購入しよう

アマゾン・ヤフー・楽天・公式のどれが安値で購入できるか、調査していみました!

購入時の注意点は、安く購入できる方法がわかりますよ。











-------------------------------------------
更新日:2018/10/14